2006年
12月
29日

2006年
本日で仕事納めになる弊社は現在大掃除の真っ最中です。
今年も沢山の車に乗せて頂きました。手記を見ると実に400台近い数字になります。お客様の販売車はもちろんのこと、修理完了車の試乗確認、ディーラーさん、インポーターさんの試乗会。メーカーさんの試乗会やパーツの評価テスト。軽自動車からレーシングカーまで。シトロエンに限っては車種は変わらず100台以上にも及びます。特に印象深かったのは12年13万キロのエグザンティアでした。当然それなりの消耗を踏まえた上ですが、93年末上陸したあの頃と変わりない直進安定性、ハイドロニューマチックが生み出すリバウンド時の独特な減衰など素晴らしい走りでした。当時は大多数のフリークから「シトロエンらしくない!」と酷評だったことを覚えております。最近発表されたC6を巷の自動車評論家の方々が一同に「シトロエンらしい。」と高い評価の書き下ろしを目にします。なにをしてシトロエンらしいか。メーカーに刷り込まれているのか、彼らの先輩方に教え込まれているのか、古いシトロエンの覚書をコーピーしてC6の評価に当てるのはいかがなものかと思います。個人的にシトロエンとは斬新な技術やギミックを積極的に新型車投入して、業界に衝撃を与え世界を驚かすものだと思っています。デザインだけを重視するのであれば、自動車じゃなくても良いと思います。そんなことをこの12年13万クロのエグザンティアに乗って思いました。自身のシトロエンが最良のシトロエンということも思い出しました。ぼくの中の最良のシトロエンは18歳の時買ったBX16TRSです。免許取って初めてのマイカーで連日興奮が絶えなかった思い出があります。通学に、楽器搬送に、スノーボードに、デートに、旅行に、ただただ走るだけに素晴らしい時間を共有できた思い出もあります。2007年もそんな最良のシトロエン(もちろんプジョーやアルファなどもですよ。)皆さんにお届けできるようにがんばろうともこの試乗で強く思いました。

その他乗った400台の中で一台をあげるとすると、今年はポルシェケイマンSです。大きいのに小さい錯覚を得る見切りの良いボディー、大出力エンジンを軽々支えるボディー、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)という低速時にシトロエン風な乗り味を示す制御系オプションなどが印象的でした。文句言う所があるとするとステアリングの反応が早く、ちょっと危ない印象を受けました。イザという時の制御装置があるにせよ確信犯的なこのフィーリングは個人的には好めませんでした。

最後に自動車に関して今年痺れたことは、10月にツインリンク茂木で行われたネコヒストリックオートモービルフェスティバルで急遽45分耐久レースに出場することになり、フランスの伝説のラリースト、ジャン・ラニョッティーさんと組んだことです。車はぼくが個人で所有するルノーメガーヌです。レース中の45分はとても刺激的で興奮しました。最後ぼくの出走の時ブレーキが壊れリタイアした感動的な最後でもありました。

2007年もたくさん自動車を勉強して、運転技術向上を目指すべく精進し、もっともっと自動車を深く知ろうと思います。
今年一年ありがとうございました。皆様良いお年を!

写真はその45分耐久チーム
左からジャン選手、影山選手、ぼく、Tipo嶋田監督です。


 
2006年
12月
25日

大掃除
いよいよ今年も残すところあと5日になりました。年末といえば大掃除です。とりあえずヤードの掃除が終わりました。写真のように毎日8台ずつ、今月だけで100台を処分しました。毎月数十台の部品取り車が入ってくるので年に数回こうやって処分します。

年内は30日までの営業で年明けは6日からとなります。
工場は29日までの営業になります。



 
2006年
12月
17日

ラジコンレース
夕べは毎月恒例4社ラジコンレースでした。この催し実に8年目に突入した息の長いイベントです。さいたま市のプジョー専門店オートポワルージュさんの皆さんとお客さん、足立区のプジョー専門店オートプロさんの皆さんお客さん、ブルーライオンさいたまの皆さん。そしてうちのお客さん数名で行いました。総勢20名です。クラスも3つに分かれており、安価なマシンでお手ごろクラスから、油断していると実車並のコストがかかるハイエンドクラスまであります。予選レースから決勝レース。最後はみんなで30分耐久レースを行います。時速50キロに迫るスピードを誇る近代のラジコンカーなので狭いコース内ではクラッシュが茶飯事です。サスペンションが折れる、カウルが2つに割れるなどからギアの歯がなくなったなど実車同様の事故内容です。ただ、修理代は1/1000くらいなので実車で危険行為をするより遥かに安価で安全です。恐らく来月も開催されるので興味のある方は一度遊びいらっしゃって下さい。埼玉県戸田にあるイエローサブマリンさんの専用ラジコンコースを深夜借り切って開催です。

ぼく個人としてはラジコン歴20年になります。実車のセッティングから運転技術の習得などはすべてラジコンから学びました。実車のF−1同様ラジコン界でもメーカー間の戦いがあり自分も以前その中に居た頃があります。ただ、仕事の仲間と、気の合う仲間と、こうやって笑いながらラジコンで遊ぶのが一番楽しいです。



 
 |  | 


Copyright © 2006よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2