2007年
02月
26日

ETCC
ETCC(ヨーロッパツーリングカーチャレンジ)に参加してきました。主催は国内でアルファロメオのレースを手がけ、全国的にその活動を広げるARCAさんです。場所は富士スピードウェイ。新型?ミニやアルファロメオが参加の中心となりましたが、数台フランス車の参加もありました。内容は走行会、レース、そして3時間耐久レースとなります。弊社はこの耐久レースに2チームを投入しました。エンドレス106と106ラリーです。チームのコーデイネイトを日本ミシュランさん。運営を弊社クラブであるチーム深谷。整備、セッティングは弊社工場。ドライバーはエンドレスにぼくとルボラン副編集長の小野さん。ラリーにチーム深谷のみんなと監督にTipo編集部の三宅さんという体制です。その他JPCCの選手たちもたくさん応援にきてくれました。

結果は総合優勝でした。特別なことは一切していませんでしたが、しいて勝因をあげるとするとタイヤです。昨年発売されたミシュランパイロットプレセダ2が、この日の路面にマッチしていて抜群のコントロール性能を見せてくれました。セミスリックタイヤの剛性感や安定する表面温度も捨てがたいですが、数時間を複数のドライバーで運転するのに必要なことはコントロールの持続性とペース配分時の消耗具合です。その2つが今回のタイヤにありました。

ま、別に優勝したことは全く重要じゃなくて、富士スピードウェイを1日貸切り欧州車のお祭りを初開催したARCAさんに脱帽です。ぼくもJPCCを主催させて頂いているので巨大サーキット会社相手にJAF規定外の車で競技させる苦労はよーくわかります。そして最も驚いたのがARCAさんのエントラントさんの参加がほとんどのこの耐久レースで、皆さんのサーキットマナーが素晴らしかったことです。かなり速度差のある車両もありましたが、パッシング時のマナーや意思表示(追い越し時手を上げたりする挨拶)も完璧でした。ドライバーズミーティングでは説明がなくて不安でしたが、ここを走るエントラントの意識の高さにも脱帽です。実はネコパブリッシングさんが出版しているR誌に毎月ARCAさんのレースが連載されていて事故やクラッシュの写真、ハイチューンドレースカーの記事ばかりが出ていたので若干敬遠している感もありました。実際ぼくが見たマシンに限り、危ない車は皆無でレースもスムーズに進行できました。今回はその辺もことも含めて大変良い勉強をさせて頂きました。鎌田さん!ありがとうございます。

:今回のスペシャルサンクス:
日本ミシュランタイヤ
ARCA
エンドレスアドバンス
OZジャパン
オメガオイル
ウルトジャパン
電通
ルボラン編集部
Tipo編集部

:写真提供たかはら@チーム深谷:


 
2007年
02月
20日

趣味のこと
車のことばかりだとアレなのでぼくの趣味について少し書かせて頂きます。つまらないと思うので読み飛ばして下さい。

子供の頃から未だに続けている趣味がたくさんあります。5歳からやっているラジコンカーレース。15歳から始めたギター、ベース、ドラム等のバンド活動。スキーやスノーボードもあります。最近はずっと嫌いだったゴルフも始めました。(まだコースにデビューできておりません)この春からはサーフィンも再始動する予定です。「あれ?サーキットは?」と聞こえて着そうですがアレは仕事です。そんな中から今回はバンドの話をチョイスしてみます。

ぼくが15歳だった1990年。時代はバブルが少し破れ掛けイヤイヤ進学した高校でそれなりに楽しい学校生活をおくっていました。バンドブーム全盛期の中で仲良しの先輩が「バンドやれば女にモテル!」と実に不純な動機で召集があり「よしとも!ベースやってくれ!」と一言。ギターもベースも違いが解らなかった当時のぼくは、バイト代を握り締め楽器屋に。5万円くらいだったかのベースセットを購入。教則本をサービスで貰って家でさっそくトライ!「ボンボンボンボン。。。。。」なんだコリャ!やられた! ぼくの知っているエレキなサウンドではありません。父親に相談したら「ベースはそういうもんだ。知らなかったのか?」と笑われる始末。。。。翌日リーダーにパートチェンジの申請をしたらあっさり却下されました。ギター担当は競争率が激しく年下のぼくの稟議は通りません。くやしいので必死にベースを練習しました。日/6時間。しかしもともと不純な動機で始動されたバンド活動なので全員練習不足でライブどころではありません。あっさり解散です。ぼくは得意の凝り性でドンドンベースにはまっていました。そんなある日、隣のクラスのガラの悪いヤツとケンカして(もう時効です)仲良くなったら?バンドマンでした。そいつと共に別の学校から人材を集めバンドを結成。晴れてぼくはギターに昇格?しました。大好きなコピーバンドからスタートするものの、別のツテでぼくの書く曲をいろんなバンドに提供しているうちに別の道も開けてきてお金を稼げるようになったのは17歳の頃です。そこからのサクセスストーリーはまた別の機会にでも。。。。。

実は2年ほど前に弊社の若手のお客さんを20人ほど集めてライブやりました。お客さんとしてではありません。全員バンドマンとしてステージに上がりました。弊社全社員もです。楽器を少しやったことある人、まったく未経験な人もです。約半年間の練習でみんなが青春だったあの頃の曲を演奏しました。友達の結婚パーティーの名目を語ってみんなで大騒ぎしました。そんなことをラジオから流れるユニコーンの大迷惑を聞いていたらこんなブログになってしまいました。。。。すみません。

写真はぼくが20歳の時買った憧れのギター「ポールリードスミス」です。大ユーロ安の時だったので格安で買えました。しかし憧れだけで終わらせとけば良かったと後悔したのは内緒の話です。


 
2007年
02月
19日

C5
シトロエンC5輸入中止の書き込みでまたまた多方面から怒られてしまいました。。。。公式発表はあるかわかりませんが、ぼくが聞いた去年の秋時点で今年分はかなり押さえてあるそうなので今後新車購入予定の方は安心して下さい。2年分は確実にあります。

で、C5中止に伴いかなりシトロエンジャポンさんに批難が集中しています。○土交通省様による外車イヂメなのか?売れないから辞める理由を内部告発か?ジャポンさんのホームページが全く更新されていないのも気になります。エージェント変更だとしても少しはしっかりやりましょう。弊社のホームページもそうですが。。。。

で、C5の販売状況ですが、当社はお陰様で中古車で入るとすぐ売れてしまう状況です。形の評価は人それぞれですが、走ると実に良いです。個人的にはC6より好きです。C6と違ってあのわざとらしいリバウンドの演出がありません。C6と違って取り回しに不便を感じません。C6と違って高くありません。現在うちに在庫であるC5は左ハンドルでV6のやつです。大好きなブルーレマンです。価格は店頭128マンで出ていますが、10マンくらい値引きします。C6との価格差600マンです。その600マンで深谷にガレージが作れます。もちろん土地付きです。2CVもつけられるかもしれません。週末は田舎のガレージで2CVをいじって遊んで走り回って、C5で帰路につく。そんな格好良い人はいませんね。。。。でもそんなセカンドカ−ライフも悪くないんじゃないでしょうか?



 
 |  | 


Copyright © 2007よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2