2007年
07月
31日

珍車
「珍車ないか?」と最近各方面から言われます。専門誌さんやお客様、広告代理店さんなどなど。。
「グズグズのトラクシオンが入りましたよ!」と言っても「それは珍しい!」「それじゃつまらん」など反応は様々です。
それこそ珍車なんてフレンチブルーミーティングでも行かない限り見れない車が多かったのですが、「毎日がフレンチブルー」を目指す弊社展示場では珍車を珍車に見れなくなった自分がつまらないです。でもこれからもっと珍車を集めて楽しい展示場を作っていこうと思います。

珍車1:シトロエントラクシオンアバン。うちの父親が最近見つけてきた車です。残念ながらエンジンがありません。



珍車2:ルノーエスパス。現在パワステ壊れてます。まだ一度も運転したことありません。フランス車ジャーナリスト森口将之さん曰く「アレは運転していて最高に面白いよ」とのことです。



珍車3:ルノークリオV6トロフィー。最近ぼくのガレージに入りました。ずっと欲しかった夢の車です。当然レース専用車なのでナンバーは取れません。「よしとも儲かってるねー!」と言われそうですが、ぼくが買った値段は中古エグザンティアくらいの価格でした。早く走らせたいのですが、スイッチやギアなどわけがわかりません。トリセツないので走らせ方の情報を得る所からスタートです。


 
2007年
07月
20日

エンドレス106
2年間ぼく専用のレースカーとして活躍してくれたエンドレス106が今回の12耐で引退となります。サーキット走行距離は実に1万キロ。12耐3回。3時間耐久6回。スプリントレース10回。その他各種走行会+テスト走行などかなり酷使しましたが、最後まで音を上げることなくぼくを楽しませてくれました。この車の今後はうちの解体ヤードに行きます。うちの会社とぼくの方針はスクラップ&ビルドです。いつまでも飾っていたり眺めて昔の走りを思い出したりはしません。古い物は壊して新しい技術を知恵で探し出します。エンドレスさんの協力を得て当初は横浜タイヤさんの協力でアドバンブランドのセミスリックタイヤを装着してサーキットを走っておりました。次第にコンセプトは誰でも乗れて町でも使える車に変更、ミシュランタイヤを装着して同時にLSDやサスペンションもミシュランタイヤに合うようセットアップに四苦八苦しました。この車に乗った人は延べ30名。たくさんの人の評価も頂きました。獲得したタイトルの数も実に多かったです。ぼくの尊敬する人が「レースは走る実験室!」と言ってました。毎回サーキットを走るたぶにいろんなことがわかって沼尻とぼくとで遅くまで話会ったこともたくさんありました。もちろんそこから106の特殊メンテナンスのヒントやダメなポイントの克服なども解りました。ぼく個人的に運転技術向上になったことも多数ありました。
まだ次の車は決まりませんが、それまでここ最近ぼくのガレージ入りした車で遊んでいようと思います。またその話は別の機会に。。。。

写真は12耐深夜のツインリンク茂木1番ピット前で撮影したエンドレスミシュラン106です。



この写真は12耐フィニッシュ後です。レース中、クラッシュに巻き込まれバンパーが脱落しました。ガムテープ派手ですが、特に問題ありません。最後の最後でぼく自身がこの車の修復作業もできた思いで深いレースになりました。なんせぼくはメカが全くできないので生まれて始めてボンネットの中に手を入れたこともこの日が始めてでした。




写真:わかな2CV
 
2007年
07月
19日

12耐
やっと終わりました。今回も長い長い時間を使って準備してきた長い耐久レースでした。参加台数は142台。コース上は常に大渋滞です。一部心ないチームのマシンが接触を繰り返しながら走っていたことを抜かせばすべての人がフェアで我々の2CVなんかの走行も尊重してくれているのでスキルに大差なく楽しめました。

弊社クラブの「チーム深谷」はこれまた大騒ぎの中レースを遂行。詳しくは専用ブログを見て下さい。

写真は今年一番の夏写真。「終わらない夏」です。



写真:しゃけはるか
 
 |  | 


Copyright © 2007よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2