2007年
09月
29日

Hトラック
写真のHトラックは全塗装が完了していよいよ納車秒読み段階です。ショールームに置いておくとたくさんの人が見学にいらっしゃるので第二工場へすでに持って行きました。「これください。」と言われても困ってしまうからです。(笑)

実はぼくが生まれた頃、うちの父親はオレンジ色のHトラックに乗っていました。途中お金がなくてすぐ売ってしまったそうですが、今でも鮮明にその車を覚えています。もちろん音や匂いを覚えているわけではありませんが、弊社がHトラックの中古並行輸入を始めた10数年前はうれしくてうれしくて仕方ありませんでした。今でこそクレープ屋さんブームで各都道府県で1台は必ず見れるようになったのですが、それまでは雑誌やフレンチブルーミーティングでしか見れませんでした。だから今でもHトラックを販売してお客様にご納車する時はなんとなく寂しい気持ちになってしまいます。ただ、Hトラックを購入されるお客様は理屈抜きにして長年の夢だった方が多く、納車日も朝から喜びも一入です。このHトラックも都内が見かける方がきっと多いはずです。詳しくは追ってまたお知らせいたしますね。

 
2007年
09月
28日

レーシングスーツ
現在レーシングスーツを作って頂いております。ぼくが来年から着るやつです。デザイン原画はお見せできないので来月下旬に到着したら現品の写真入れますね。

近年パートナーとしてスーツを作って頂いているのは世田谷のレアーズさんです。レアーズさんのレーシングスーツブランド「CLA」になります。ちょっと古いレーサー愛好家の方々にはコンペティションライセンスAという名前でピンとくるかもしれません。現在弊社でもCLAの取り扱いをさせて頂いておりここ最近のユーザーさんは100%の使用率であります。とても柔らかい生地で風通しも良く軽くて軽快です。木村拓也さん主演ドラマ「エンジン」などで木村さんが着ていたことでも有名です。(しかし画像はとてもとても高価で販売促進で使用できませんでした)

そんなCLAさんの代表と連日スーツの打ち合わせをメールでしていると、来春上映の映画「SS」で主役の哀川翔さんがCLAのスーツを着るとのこと。この映画はラリーを舞台にした原作で、、、内容はわかりません。ぼくのマネージャーをしてくれているおじさんがこの映画にもぐりこんでいるらしく、哀川さんの着るスーツの所々に仲間の会社ロゴが数々とありました。映画見に行く方は少し気にしていて下さい。


 
2007年
09月
27日

DS
思い立ったらすぐ日記を実行中でございます。

お客様のDSが各部修理で入庫頂きました。何時見てもゾクッとするようなオーラを奏でております。「女神」なんて例えられる方々もいらっしゃるくらい特別な存在です。ただ、個人的には決して高級車ではありません。もちろん名車なのは確かです。お店によっては1000万円近くで売買されているとも聞きます。弊社では平均で200万円くらいになります。
お客様のDSや修理後テストラン、仕入れ試乗なども合わせて20台以上のDSに過去乗せて頂きました。セミオートマ風のシトロマティックからコラムシフトのクラッチ付きまで様々乗りました。当然新車には乗ったことがないので現代のDSを評価することはできませんが、乗ると毎回気分が良いです。街の人の視線も熱いですが、大波をゴムボートでドンブラドンブラ越えるようにイナシテ行きます。ブレーキボタンのタッチも慣れるとポルシェ社のPCCB(ポルシェセラミックコンポジットブレーキシステム)のようです。
でもこの手のシトロエンは多くを語らず涼しい顔で乗りたいです。それに以外にも壊れないんですよ。部品代もそんな高くないし。

ちなみにぼくの一番のDSでの思い出は、10年前某アイドルさんとDSでドライブ中、目黒通りで突然故障!2人で押して交差点を渡りました。大変な騒ぎになってしまい新聞沙汰にならなかったのは不幸中の幸いだったことはもう時効の話です。


 
 |  | 


Copyright © 2007よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2