2007年
10月
30日

シトロエンSM
写真はシトロエンSMです。昔からのお客様である○様の車検整備で本日お預かりいたしました。○様の意向で黒に全塗装されております。だいぶ格好良いです。イヤ、かなり格好良いです。夜なんかに見ると「ゾクッ」とするほど只者じゃないオーラが出ております。○様は普段の足にガンガンこのSMを使っております。遠方から高速ぶっ飛ばして来てくれます。これがまた格好良いです。当時のスーパーカーに媚びている感じが全くなく自然に乗られております。ちなみにSMとはスポールマセラッティーの略です。
シトロエンが当時の親会社であったフィアット社の意向で同じフィアット傘下であったマセラッティーメラクのエンジンをフロントドライブで駆動させているとんでもない車です。他にも特別なポイントが複数ありますが、興味のある方はもっと精度の高いサイトで検索してみて下さい。(笑)

ぼくが初めてSMを運転したのは94年(20歳)の時です。父親が買ってきたSMを運転させてもらいました。その当時の印象は普通に大きくてアクセル重くてブレーキ効き過ぎてフニャフニャ気持ち悪かった覚えがあります。
最近乗った印象はリアの沈み込みは速いのにステアリングの節度感が高く切り始めはクイックでブレーキ残しながらの旋回もフロントミッドらしくタイヤのグリップも一定で絶妙です。新車の時は素晴らしい旋回性能だったことでしょう。しかも30年以上前の話ですから。直進性は古き良きシトロエンらしいバシッとしたものです。

このスーパーカーは当時各界の著名人が数々乗っていたと聞きました。むかーし、お話させて頂いた熟年タレントUKさんも若い頃乗り回していたらしいです。「また乗りたいなぁ。。」と言ってました。ちょっとした事件でやむなく手放されたそうです。当時の人なら覚えている方も多いはずです。

写真はぼくの大好きなSMのサイドビュー。クーペってみんなこのカットが一番格好良いと思ってます。一番驚くのはリアガラスです。今の時代でこそスマートクーペなどが同じ形をしてますが、当時では加工技術やコストを含めこんなことできないはずです。

尚、弊社では現在2台の販売車SMがございます。欲しい方、興味ある方、買えないけど触ってみたい方等いらっしゃいましたら、お問い合わせ下さい。



 
2007年
10月
29日

ラジコンレース
昨日は日曜日なのにお休みを頂いてラジコンレースで遊んできました。
今月もガッツガツに仕事したのでたまには日曜休みです。社員のみんなには申し訳ない気持ちでいっぱいです。。。

場所は相模湖ピクニックランド内のラジコンコースです。実はこのサーキット、10数年前によく通っていました。それが今年を持って閉鎖とのこともあって今回行ってみました。(閉鎖はラジコンコースだけです)

現在は県央道が中央道と繋がったこともあり相模湖までスイスイです。うちから1時間かからず到着しました。(昔は16号〜20号の下道+峠道で3時間以上かかりました)
今回のラジコンレースは毎月シリーズで開催されている地元レースです。地元の皆さんはやっぱり速いです。たまにしかラジコンやらないぼくは着いて行くのがやっとです。(笑)
絶好の行楽日和の中、ラジコンの排気にまみれて多少の息抜き、、、、には全くならなかったです。やっぱりラジコンやっている時って実車レースといっしょで常にストレスがあります。ラフなアクセル+ハンドル操作はご法度ですし、いろんなことを習得しながらコントロールしているので正直疲れます。。。でもこうやって複数の趣味を持ちインスピレーションを毎日取り入れて居ないと脳みそが固くなってしまいそうなので今後も趣味の向上目指してがんばります。 あ、結果は予選8位で決勝リタイアでした。レース中マフラーが折れて走行不能になりました。(涙)


写真はプロポです。これでラジコンを操縦します。もう10年以上使っているサンワM8です。不動7年。これも当時の頂き物です。(笑)
アクセルオンオフ+ハンドル右左を機能させるのはもちろんですが、細かい設定もたくさんできます。実車説明だとハンドルの切り始めをゆっくりさせて切れ角のピークに向かうにあたって速度を上げたり、ブレーキの踏む力を車輌設定時より70%に落としたりブレーキレートのピークをゆっくり立ち上げてタイヤのロックを防いだりもできます。もちろんABSのポンピング回数も設定できます。しかも予め設定した全データをインストールしてレース中バランスが崩れてきたらそのプログラムに切り替えることもできます。だから多少適当でも基本セットができているマシンを走らせプロポの機能を上手く使えればなんとかなったりもします。ぼくの場合ラジコン作らないので安達君が作ってくれたマシンを走らせこの機能を上手く使ってなんとかできていたりもしてます。


 
2007年
10月
26日

シトロエン
昨年から噂になっていたシトロエン+プジョーのインポーター統合の話。
なぜか今日の夕方から「シトロジャポンが無くなるらしい」「いよいよPSAインポーターが誕生らしい」などなどいろいろな噂話が入ってきました。もちろん正式なリリースがないのであくまで噂話です。くれぐれもこのブログのリンク貼らないようにお願いします。(笑)

自動車会社→各国インポーター→ディーラー→お客様、の流れで輸入車が販売されているのはみなさんご承知の通り、それぞれ役割があります。シトロエンとプジョーは同じ会社なのにそれぞれ対立しているようなブランディング事態が不思議だったので、統合されたPSAでの販売は大歓迎でもあります。しかし、その両ブランドのお客様層はそれぞれ全く違います。
だいたい見えている今後の展開は小型車はプジョー!中型大型車はシトロエン!での展開をお考えだと思います。それはそれは会社の都合だけ考えれば大正解の展開です。でもそれぞれのファンの皆様はこれをどう評価するべきなのでしょうか?「いつかは607に乗りたい。」と考える若いプジョー206乗りの方。「娘が免許取ったらC3を買ってあげよう」とお考えのC6乗りの方。新生PSAジャポンに期待するのは会社のコスト運営だけじゃなく昔から各ブランドを支えてくれていたファンの皆さんがまたフランス車に乗りたくなるような展開を期待いたします。

西武百貨店→西武自動車(95年クライスラーに買収)→新西武自動車(02年GSTに買収)→02年シトロエンジャポンと、たくさんの変身をしてきました。ぼくも仕事抜きにして各社たくさんの人達に可愛がって頂きました。今のぼくがあるのも西武時代からシトロエンを日本に連れてきた皆さんのお陰でも有ります。

噂が本当なら近日のシトロエンジャポンから目が離せません!


写真はぼくが初めて手にした自動車のカタログ「シトロエンCX」です。たしか10歳くらいでした。当時この形が嫌いで嫌いで仕方なかったです。(笑)


 
 |  | 


Copyright © 2007よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2