2008年
01月
31日

GT−R
少し前に少し前に話題になった日産GT−Rに乗ってきました。

「凄い!」のはもちろんのこと「偉い!」という表現も当てはまります。恐らくぼくが過去運転したことある自動車の中で一番速いです。スピード感や緊張感ではフェラーリF40に程遠いんですけど、あの大出力を支えるボディーやサスペンション。バカでかい石のような剛性感あるタイヤ。すべて含めて文句言う所はありませんでした。存在理由を置いてもこんな自動車が誕生したことは素晴らしいことだと痛感しました。

レイアウトも凄いです。簡単にいうと通常はエンジンとミッションがボンネットの中にあるのが普通です。GT−Rはミッションだけが後にあります。正確に言うと後輪を駆動させるべくあるドライブシャフトの中心。しかも超低い場所です。トランスアクスル方式とも呼びます。
でもこれだと得意の4WDにはなりません。更に前輪にも駆動が伝わるように後にあるミッションから前輪にまたシャフトで力を送ってます。簡単に言うとセンターペラシャフトが2本あるということです。こんなラジコンを造ったらクビです。(笑) 他にも偉い場所はたくさんあるのですが、詳しくはまともなサイトを見て下さい。

インプレッションは各媒体で読んで頂くとして、個人的な感想はあまり嬉しくありませんでした。
あれだけ力のあるエンジンを誰でも味わえていろんな制御に助けられしかもそれが不自然じゃないのでメチャクチャ楽しいです。適当な加重掛けなくてもブレーキで適当に減速さえすれば適当に速く走れます。偉いのはシビアに運転してもそれなりに手応えがありシビレることもできます。ゆっくり走っていても剛性感溢れる操作感やヤルキのギアノイズなど演出も見事で楽しいし気分良いです。でもね。。。。。まだ嬉しくないですよ。これから始まるGT−R伝説みたいな名前やブランドの重みが出てこそ優越感や嬉しさが出てくるはずです。まだまだこれからのGT−R、「あの車はホントに凄かった!」と言われるのはまだまだ先のようです。

ちなみにぼくの回りで買った人達は「ヤベー、早く売らないと」と言ってます。

写真はありません。
 
2008年
01月
29日

ラリー
まだまだシーズンオフである各モータースポーツ。一足先にWRCから開幕しました。
結果はシトロエンのローブが圧勝。今年からピレリタイヤのワンメークになったWRCですが、だいぶタイヤ問題でバタバタしていたようです。
ラリー=ミシュランのイメージが不偏でしたが、WRCを取り仕切るFIAとミシュランの間でもなにやらバタバタしているようです。(ここからはぼくの勝手な推測であり独り言です)
ワンメーク供給は基本的に入札制度になっていまして、ピレリよりミシュランの方が金額が低かったらしいです。ただ、いざ入札が開始されると入札日の告知が一切なくミシュランの知らないままピレリ単独供給に決定。
ミシュラン可愛そうです。。。
F−1も昨年からブリジストンワンメークになっております。この話からするとミシュランvsFIAの図式ができあがってきそうですが、一外にそうとは言い切れません。数年前のF1中継でも登場していたミシュランモータースポーツの責任者である初老のフランス人「ピエールデュパスキエ」氏によるこれまでの活動力が高かったことが考えられます。恐らく氏は若かりし頃から欧州モータースポーツの第一線として近年まで活躍していたはずです。比較的「浪花節」のなごりがあるあの手の業界では縦割りであり「ナーナー」でもあります。そんな氏の引退がミシュラン締め出しの原因とも考えられます。
噂だと2輪でも同様なことが動いているらしいです。

個人的にはミシュランコンペタイヤ(スリック)の経験は少ないです。(数年前カレラカップのテストを行ったくらいです)比較対照が少ないのでなんとも言えませんが、一度じっくり試乗を兼ねたテストをやってみたかったりしてます。
題名にだいぶずれた話になってしまいました。。。。


写真は数年前入荷したルノーサンクターボMAXI。掲載したら1日で売れてしまいました。




写真は現在沼ちゃんがタイベル+その他モロモロ+車検整備中のK様のデルタエボ。デルタいいっすねー。ぼくも若い頃凄く憧れました。
初めてデルタを見たのは18歳の頃、当時の愛車であったシトロエンBXで苗場にスキーに行った時でした。チェーンをセコセコ装着させていると、ぼくのBXに横付けした赤いデルタです。降りてきたのはヒョロヒョロのツーブロック頭の若造とソバージュヘアーのケバメのお姉さん。ぼくら高校生が必死に作業中の中、「あのー、チェーン付けるのやってくれない?」と、とても横柄な言い方で近寄ってきました。「このヤロー!」と思いましたが、5000円くれるということで速攻で作業開始です。(笑) しかしデルタオーナーが出してきた新品のチェーンが全く付きません。(サイズが違ってました)開始1時間。。ソバージュのお姉さんは怒ってプンプンです。しかも車から出てきません。(天候は大雪です) ツーブロックヤローも怒っています。しょうがないのでBXに入っていた京商のタイラップで無理やり止めました。 「オニーさん!絶対スピード出しちゃダメだよ。30キロ出すとスピンしちゃうよ!」と言い聞かせ5000円も頂きませんでした。
デルタの出発を見送ると3秒くらいでチェーンが離脱。その時です!雪の上でも普通に走っています。そう、4WDなんですね。感動しました。それ以来の憧れは現在もあります。いつかはデルタでスキーに行きたいです。
ちなみにぼくらのBXもそれを真似しようとチェーン付けないで走ったら30キロくらいなのにカーブを曲がることができず雪山に激突!幸い全て無事でしたが、それからどうも雪道が好きじゃありません。
デルタを見ると今でも当時の記憶が蘇ります。


 
2008年
01月
28日

いつものラジコン大会
土曜夜中はいつものラジコン大会でした。

今年で9年目になるオートポワルージュ+オートプロ+キャロル+ブルーライオン埼玉合同の月例のヤツです。
元々ラジコン好きのショップとそのお客様を集めて実車宛らのレースを開催。オートポワルージュさん最寄のラジコン屋さんのサーキットを深夜貸切って行われております。
今年からレギュレーションを一新。車種は制限なしになりモーターのみ23Tです。(実車だと2000CC無改造エンジンみたいなもんです)

レース方式は30分のフリー走行後、ベストラップ形式の予選(3分間で好きなだけ走ってベストラップを競います)。決勝は予選順位トップ10をAメイン、その下をBメインとして8分間の周回レースをそれぞれ行います。
今回は20台の参加がありそれぞれ白熱しております。

久々開催の月例ラジコン大会。基本的に車好きであれば誰でも参加できます。参加費は貸切代÷参加人数です。(だいたい一人1500円くらい)
ラジコン始めたい人にも良い環境にあると思われます。一般的なラジコン通販で購入するのであれば2万円くらいで一式揃います。電動なので特殊なメンテは必要ありません。説明書通りにやれば誰でも普通に走らせられます。
「やってみたい!」という方いらら連絡下さい。面白いですよ。


写真は今年のぼくの車。京商さんのなんとかって車です。名前すらよくわかりません。完成品(組み立て済)で2万円ちょっとでした。
ぼくはラジコン走らせることは大好きですが、組み立てたり整備したりするのは大嫌いです。(笑) 基本的にノーメンテ(あだち君が全部やってくれてますが。。)。タイヤだけ変えただけでホント良く走ります。ラップも1秒以上速かったです。しかし、当たり弱く粉々に壊れます。オススメできません。


 
 |  | 


Copyright © 2008よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2