2008年
02月
29日

新チンクェチェント
国内発表になったニューチンクェチェント。(以下チンク)

ぼくの予想価格であった250万円を大きく下回る225万円!
ちょっとビックリしました。いや、、いままでだったら有り得ない価格です。いままでだったら、、、
得意の調査をしてみたら利益が無くなっていただけの話でした。予想より10%下がったので通常仕切りが10%上がったということです。つーことは、利益半分ということです。。。。ぼくの独り言だと思ってください。。。。
更に調査を進めると「予想より反応少ない!」「入庫が全く未定」「190万円のが秋に出る」「アバルトも10ヶ月以内に国内発表」「それよりアルファが売れなくて困ってる」などなどです。ぼくの独り言だと思って下さい。。。

2月〜3月といえば新車値引きが大ブレークする時季でもあります。一声100万なんて話もざらにあります。

それより困るのはぼくの自宅に毎週送られてくる大ダイレクトメールの数々。この時季は直接訪問も多いです。ベンツ、BMW、ジャガー、レクサスなどなど。どこで調べてくるのはわかりません。ぼくはクレジットカードも持たないし、なんとかデータバンクなどに登録して仕事もしておりません。地元のなんとか会や青年会などとも関わりを持っておりません。なのになんで。。。
たしかにメーカーインポーターさんとの名刺交換は茶飯事です。それがこの訪問戦略のツールになっていたらショックです。
それより車屋のぼくに車を、しかもハイエンドの新車を売ろうなんて。。。

物は試しと、パンダでレクサス行きました。さすが小笠原作法の研修をしているだけあってピンと背筋に緊張感を出しながら名刺が出てきます。お手洗いから出てくるとオシボリを持って待ち構えてます。「こ、これが国内最高の御持て成しと自負する世界の巨人か!」としみじみ。。仕方ないのでIS350に試乗。これがメチャメチャ良い。(笑) ステアリング中立の俊敏性や足の堅さ、なによりエンジンが速い。もし、パンダと交換なら絶対欲しい!と心の底から思いましたが、口が裂けてもそんなこと言えません。

今日のブログはチンクからレクサスの話になってしまいました。。。


写真はそんなニューチンクの発表写真。うかつにディーラー行ったら買ってしまいそうで怖いです。。


 
2008年
02月
28日

花粉症
極寒である今年の冬もようやく終わる気配です。
そう、冬が終わるとやってくるのが、黄色い悪魔の粉が舞い降りる季節。そしてティッシュBOXが手放せなくなる季節です。

花粉症。。。。

昨年は2月の連休より発症しましたが、今年はまだです。街ではマスク装着率が高くなってきました。同じ病を持つ同士に聞くと。「もうヤバイよ。ダラダラだよ。」とのこと。

ひょっとして治ってしまったのかもしれません。無き○ル○ル大辞典を参照に毎日ヨーグルトを食べていた効果が出たのか。ネットで検索した防茶が効いているのか。一生懸命働くぼくに神様が魔法を使って治してくれたのか。(笑)
理由は解りませんが、とても素晴らしいことです。不治の病だと思っておりましたから。。


写真は先日一騒ぎあったHトラックを出したPVが完成され送られてきました。ほんの数秒です。
作品名はわかりませんが、浜崎アユミさんの最近目な曲です。
絵コンテ見てちゃんと弊社ロゴが映るように狙ったのは内緒です。(笑)


 
2008年
02月
27日

コルベット
毎日忙しいです。今月は2日足らないですからね。
先日打ち合わせしていた清家アニキも同じようなこと言ってました。アイドラーズマガジンの締め切りに追われていました。次のアイドラーズマガジンも楽しそうです。今回も微量ですが、広告や企画のお手伝いさせて頂きました。あまり本屋では売っておりません。弊社に大量にございます。読みたい方は来店願います。(笑)

問題はこんだけ忙しいと持病である車欲しい病が発症します。
いろんな業者さんに電話しては「何かヘンな車ない?」と口癖のように言ってます。実はそれと同様なことが弊社でも起きてましてお客様より「なんか変わった車ない?」とのお問い合わせ多数です。なので今月は変わった車がたくさん売れました。(笑)



写真はコルベットのオープン。
先日、輸入車中古車外車情報誌の取材撮影の時、お馴染み中村アニキが乗ってきてくれました。ちなみに中村アニキはぼくのスロットカーの師匠です。(ぼくはまだ一度もやったことないのですが。。)

そんなコルベットをシゲシゲ見ていると「よしとも君!それ乗ってうどん屋行こうぜ。」と運転させてもらいました。ちなみにぼくはアメリカ車に全く興味ありません。

まず、ドアが開きません。中も外もボタンです。
鍵がありません。スターターはボタンでした。
エンジンを掛けるとドロドロザワザワブルブル。。。。。マウント硬いです。ちょっと見直しました。

発進!時速60キロで1500回転です。いつのまにかシフトアップしてます。大通りに出て白バイさんを横目に見つつアニキから「行け!フルスロットル!」の号令で全開です。ウイリーしたかのようにノーズは上に、視線も上に。相当ヤバイ加速なので慌ててブレーキです。電子デバイスで制御していないと絶対事故続出です。
引締めボタンを押すとなかなか良いシャシーの締りを感じることができます。
ちょっと見直しました。
コルベット。ぼくが過去乗せていただいたコルベットは2つ前のヤツまでです。中村アニキの話だと「一つ前のモデルから劇的に変わった。これだとパシッとした車が好きな人にもオススメできるよね。」とのことです。
ちょっと欲しくなりましたが、問題は価格です。

でも同じリアルスポーツオープンカーとして考えるとバルケッタやアルファスパイダーの方が数倍楽しいです。


 
 |  | 


Copyright © 2008よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2