2009年
06月
22日

東京スペシャルインポートカーショー2009
 本当に!本当にお疲れ様でした。

 ご来場頂いたお客様。うちのDS21とHトラックに乗って下さったお客様。2CVの試乗会で並んで乗って下さったお客様。激励、差し入れに来て下さったお客様。そして、フルタイムでサポートしてしてくれたチーム深谷のみんな。

 ホントにホントにありがとう!


 まず、何から話して良いかわからないけど、、、、、とりあえず、SISに出展した費用対効果から。


 金曜日:DS、Hトラックの写真を撮ってくれた人が1100人。

 土曜日、日曜日:物凄い数で測定不能。。。。


 立ち話でもシトロエンに興味や関心を持って頂いた方に限り名刺をお渡ししたという条件付きで、3日間で頂いた名刺は230枚。

 お渡ししたぼくの名刺は340枚。(最終日は名刺の印刷が間に合わなくて無)

 当日お話させて頂いた新規のお客様から「車検整備相談、中古車相談、パーツ相談」の中からご依頼頂いた件数が35件。


 結果:今日現在までの費用対効果:2200%


 何より凄いのは、「キャロル」を知らない方が90%と言うことなんです。

 DSやHが並んでいてもエグザンティアに乗っている方の修理相談や、今後、シトロエンの新車や中古車を購入予定としている方々とのお話ができたことも大収穫です。プジョシトインポーターさんがディーラー整理に入っている中、毎月のように各地区から販売店が無くなっている昨今の事情の中で「へー、埼玉でシトロエン屋さんやっているんですかー。キャロルってなんかロックな名前ですね。今度遊びに行きますね。」と言って下さるご来場者がほとんどだったんです。

 例えば、これがフランス車のイベントやサーキットごとだと、名刺お渡しすると「あぁ!キャロルさんかぁ。」とすでに認知して頂けている方がほとんどなんです。


 その辺を考慮に入れた「1年先までの費用対効果」を考えると今回のSIS出展は大成功と言えます。

 出展に関して悩んでいる時期にSIS社長の田中アニキが「絶対!成果が上がる!」と言ってましたが本当でした。さすがアニキです。最終日、すでにアニキには「来年の出展計画」をお話してあります。


 まだまだ、面白い話が有り過ぎます。チーム深谷ゲストのあの画伯とのMTGも面白かったです。ご来場者さんとの面白いエピソードもたくさんあります。素敵な出会いもたくさんありました。大昔可愛がって頂いた方々との感動の再会もたくさんありました。VIPとして呼んだ某機関の見解などもあります。もちろんお約束の大ハプニングも搬入から勃発して大騒ぎにもなりました。うちのばあちゃんも車椅子で応援に来てくれました。もう色々書きたいことがたくさん有りすぎます。

 ボチボチこのブログでアップいたしますね。


 最後に、このSIS。出展されていない業者さんやメーカーさんやメディアの方々からはすこぶる評判悪いです。実はぼくも出展する前は印象悪かったです。

 今回出展させて頂いて、そんな思いは一括されました。悪いのは業者内だけの話と自分の趣向に合わない一部メディアの個人的偏見だけだったこともわかりました。

 「関係者パス」ではない、2000円払って入場されたご来場者さんの自動車へ対する熱がこれほど凄いとは思いませんでした。ぼくが対応させて頂いた5歳の女の子から推定80歳のおじいちゃんまで数百人。この人達は恐らくハイブリッドカーなんて全く興味ないと思います。自動車が好きで好きでしょうがない人達です。ぼくも凄く嬉しかったですし、正直とても安心しました。

 そんな人達がこのSISに詰まってます。


 最後の最後に、このSISに夢見て、行動、実現された田中社長。
 若くて、敏速で、優しくて、しかし可愛いポカも多いスタッフ他数百人の主催者の皆さん。(笑)
 大変お疲れ様でした。クレーム対応他、ここ数日も大忙しだと思いますが、ゆっくり身体をお安めになって来年に向けて鋭気を養って下さい。「もっとグレートに!」なんて思いません。今年のままでいいです。

 とても楽しいイベントをありがとうございました。




:お知らせ:
SISのアワードがあります。うちのDSに清き一票を!
http://www.sis-t.net/maker2009/award/#aw_La



 写真はエンドレスのミオちゃんとうちのトミ君。
 「シャチョー。エンドレシュのレーシュクイーンと写真とか撮りたいんだけど。。」と言うのでお願いしました。
 良かったな!トミ!これで妄想10年いけるね。あ、これ夏のボーナスでいいよね。


 
2009年
06月
15日

東京スペシャルインポートカーショー2009
 イベントのお知らせです。


 この週末、6月19日、20日、21日。
 お台場の東京ビッグサイトで「東京スペシャルインポートカーショー2009」(以後略・SIS)が開催されます。

 昨年秋頃からぼくも暖めていたイベントです。


 実は弊社も出展させて頂きます!!!


 イヤーーーー!ヤバイ!!!ヤバ過ぎます!!!

 何がヤバイって、そんな凄いイベントに、うちみたいな会社を誘ってくれたSISの田中社長がヤバ過ぎます。(笑)




 このSIS。2004年から始まったまだとても若いイベントなんです。

 開催当初は「外車のオートサロン」との噂があり、ぼくの触手もイマイチでした。2005年から個人的に会場へ足を運んで査察開始!「ギラッギラ」に塗りこまれたベタベタシャコタンのドイツ車の陳列が多く、それはもう煌びやかでした。
 翌年も足を運ぶと、、、、、、80%が昨年といっしょの陳列。。。。。
 その翌年も同様。。。。。次の年は行かなくなりました。。。。。

 ぼくの中ではそこで終わりだったんです。


 しかし!昨年夏頃、カリスマ草レースプロデューサーであり、ヒゲとポッコリお腹が有名なアイドラーズクラブの清家アニキが、「よしともさー、SISって知ってる?そこの社長がいいんだよ。何がいいって、とにかく会ってくれよ。」とご紹介頂いたのが今回出展させて頂くきっかけになったんです。




 あのギラギライベントの社長ということで、「30インチタイヤ履いたハマーとかで来る油ぎった初老社長。」をイメージしていたんですが、、、、、
 本物はキズだらけの昔のAMG・C36に乗るスマートなお兄さんでした。。。(笑)
 名前は田中アニキ。ぼくより少しお兄さんです。ハイパワーな小さな4ドアセダンが好きで、そもそも昔はルノー21ターボ乗りで毎年秋の車山を目指していたフランス車乗りの大先輩です。
 あのイベント主催をされているのが想像できないくらい「車バカ」なんです。しかもずいぶんマニアックです。マニアック指数は、、、、、田中むねよしアニキに似ています。田中の性を名乗る男はみんな車バカなのでしょうか?そういえばぼくの携帯メモリに入っている9件の田中さんもみんな車バカでした。。。。(笑)



 そんな田中SIS社長とすっかり意気投合!!!!しかし、都心の屋内施設で出展なんて聞くと、段取りや予算や色んな問題が弊社内情に付きまといます。なので出展なんて弊社規模からすると夢の話。。。。。
 しかし田中SIS社長に弊社のネガティブな相談をすると、、、、「大丈夫です。」「了解しました。」「それは至急対策します。」「なんとかします。」と、、、

 すべてを飲み込んでくれて、「よしともさんの好きにやって下さい!フェラーリなどスーパーカーも大切ですが、オールドミニやオールドシトロエン、プジョーもこのイベントには必要なんです。来場されるお客様みんなに色んな輸入車を見て楽しんで頂きたいんです。こんな情勢だからみんなで力を合わせて輸入車を盛り上げて行きましょう。そのためだったらぼくらはどんな条件でも飲みます。」と、
 相変わらずの男っぷりに心を打たれ1分後には出展をさせて頂く事になりました。



 そもそも、「都心部での全ジャンル屋内型輸入車祭り」は田中SIS社長の長年の夢。。。SIS開催当初の数年は収入0だったと聞きます。(キズだらけのC36を見て納得しました。)
 ぼくも会社設立の頃はほとんど収入ありませんでした。田中SIS社長に同情したわけでは一切ありません。会社機能の人間としての声ではなく、男社長として、車バカの腕にぶらさがりたい気持ちになったためです。それに、、、、
「よしともさんの好きにやって下さい。。。」というのがヤバイです。(笑)  もう田中SIS社長が「お願いですから、もう来ないで下さい。」と言ってくれるような好き勝手のプランをご用意しております。





「carol.10周年記念!SIS〜好きにやって下さい〜」プラン

 全日屋内キャロルブースには、シトロエンDSとボロッボロのシトロエンHトラックキャンピングカーをギラギラマシンの横に並べます。



 6月19日(金)
 よしとも・チー深あだち・チー深たかはらでプレスデーの対応。この日は大人しく終わります。




 6月20日(土)
 全社員総出・全チーム深谷メンバー総出・ご招待者メイン集客

 屋外ブース・チーム深谷エリアにて、オメガG1クサラ、EXRミシュラン106を展示。

 屋外ブース・チーム深谷エリアに巨大テントのゲリラ建設。
テントにてお客様他関係者すべてのケータリングサービス。(carol.パス提示)

 屋外ブース・チーム深谷エリアにて、午後よりスペシャルゲスト「田中むねよし」画伯によるチーム深谷ボルナツ懇親会、チャリティーお絵かき大会を開催。(オプション・将来漫画家を志すあなたへ仕事の斡旋)
尚、田中むねよし画伯はプライベートでの上京なので非公式になります。

 SIS公式試乗会にて「よしお2CV」が出走。ドライバーは弊社のトップガン・沼尻信昭(過去シビックとZXを畑に落とした栄光有り)・富田一也(20回以上の交通事故でも命だけは落とさないタフな走りが定評)の2名をSISに派遣。一般来場者から抽選で数名同乗走行。
(社命・バレンティーノロッシばりの深いマシンの傾きを体験させるべし!最悪行政指導を受ける覚悟を持つべし!パフォーマンス次第で賞与の考慮も辞さない!)

 Tipo+ルノージャポン主催「20歳のバースデー」イベントに冷やかし、サクラとして大移動。




 6月21日(日)
 全社員総出
 前日の疲労を取る為、大人しく最終日を迎える。。。。。




 こんな感じの予定です。

 もう、ワクワクします。緊張してイライラします。



 尚、こんなSISに行ってみたい!お台場で買い物した帰りに15分だけ見たい!動いているむねよしさんを見たい!なんか最近車面白くないから妄想を見つけに行きたい!

 などなど、いらっしゃいましたら、ゼヒ!足を運んで下さい。実はご招待券がたくさんあります。ご来店頂ければ無料配布です。

 そしてキャロルメインブース(6mx6mのミニマムですが。。)に、いらっしゃって頂ければ「10周年記念初のロゴ入りパスケース+パス」を差し上げます。それ付けて屋外チーム深谷テントにてバカ安コーヒーを飲んで行って下さい。


 お待ちしております。
 
2009年
06月
11日

チーム深谷・今年の12耐についてお知らせ
 チーム深谷・2009アイドラーズ12時間耐久レースについてお知らせです。

 誠に、、、、誠に、、、、申し訳ない!

 今年は参戦「取り止め」になりました。。。。。。


 2002年から参戦させて頂いている真夏の12時間耐久。(2002年は10時間)

 参戦初年度は100台中、フランス車は我々だけでした。1%です。
 「こんな面白いんだったらもっとフランス車を増やそう!」というコンセプトで様々な方々に声を掛けて現在では全参加車の10%近くがフランス車になっていると思われます。それにアイドラーズの耐久レースは競争だけじゃなく、自動車文化に信仰が強いエントラントさんだらけで、熱いサーキットフィールドながらも自分達の車以外も認めてくれて、我々のシトロエン2CVが出走を認められました。バックストレートでの速度差は実に時速100キロ以上あります。そんな2CVでもいっしょに走らさせてくれた清家さんと参加者の皆さんには大変感謝しております。
 ただ、、、、そんな2CVも07年にたくさんの暴走参加車が現れ側面をエグラレ。。。。。翌年の12耐ではドライバーの身を暗示出走を取り止めました。


 今年の取り止めは上記のことが考慮されているわけではありません。

 世間一般的に「不景気」と言われている流行を考慮しました。

 毎度のことながら、12耐参戦は我々にしては巨額のコストがかかります。

 内訳は参加費とケータリング費用をドライバー全員で割り勘です。一人5万円〜6万円になります。

 消耗品やレースパーツを協賛企業様よりサポート頂いております。

 マシンのメンテナンス費用と車輌を弊社が負担しております。


 弊社で負担する分は問題ないんです。ぼくが仕事がんばれば良いことだけの話です。
 ただ、、、、、こんな情勢なのでドライバーから集める5万円。そして、この情勢の中、協賛企業様各社からサポート頂く大量のパーツ軍にぼくの気持ちが納まりませんでした。

 今年も実に11社さんから「12耐出るんだろ!何が欲しい?」と春頃連絡を頂きました。こんな情勢の中、本当にありがたいことです。費用対効果と無縁な我々の活動に対して、メーカさんや広告代理店さんや個人スポンサーの皆様には本当に感謝しております。そんな皆さんの暖かい気持ちが大きい分、今年の参戦に対してぼくの気持ちに迷いが出たことも確かです。
 だって、みんながみんな儲かって儲かって「いらないからコレやるよ!」と言うのでしたらぼくも喜んで頂いて真夏の茂木でぶっ壊します。(笑)

 今年は明らかにいままでと違います。会社さんによってはこの情勢で大打撃を受けている所もあります。ドライバーやサポートスタッフの一部でもそれが見られます。だからと言ってそんな仲間を外してまでやる意味は全くありません。そして、そんな中ぼくが会社の名前でお祭り騒ぎするわけには絶対行かないと思いました。

 なので、今年は自粛という名の「参戦取り止め」とさせて下さい。


 状況の回復をぼくが肌で感じ次第、来年は必ず参戦いたします。

 今年チーム深谷オールスターズのドライバーのみんなは、来年までそのお金を貯金しておいて下さい。資産運用も有りです。



 2006・12耐ブログ
http://endless106.blog.hobidas.com/


 2007・12耐ブログ
http://teamfukaya.dtiblog.com/blog-date-200707.html


 2008・12耐ブログ
http://yoshitomo.dtiblog.com/blog-category-15.html

 ↑を読んで来年の夏まで鋭気を養っていて下さい。


 本当は、一番ぼくが悔しいです。でもこんな時だから一度足踏みして呼吸を整えるのが必要だもんね。。。。。





思い出の06サマー。
左から#13エンドレス106監督のぼるさん、ぼく、沼ちゃん、じゅんや先生。この年は「アドレナリン」という名の年でした。打ち合わせ名目で使った飲食費は10万円くらいでした。#13は一致団結!終始凄いテンションでぼくも燃えに燃えました。





07サマー。しゃけちゃんの傑作写真!
台風一過のこの年は素晴らしい朝焼け!こんなキレイな空は見たことありませんでした。この空を見ながらコーヒーを飲みながら。。「今日は俺の日だ!生涯忘れることのない最高の日になる!」と確信してました。
結果は。。。。。12耐史上最悪の展開。。。。。でも素晴らしく刺激的な忘れることの無い日になったことも確かです。





そんな07年のエンドレス組。
右から、、あだち君、茶髪のぼく、しんすけ先生、じゅんや先生、ナパ監督、杉本会長、トミしゃん。。。。
「もー!散々!」という年です。車輌違反、、、、給油違反、、、、クラッシュ大破、、、、マシントラブル。。。。。。散々ながらチームの素晴らしさを感じた感動ある楽しすぎる年でもありました。
そしてにしも茶色髪のぼくがガラ悪いなぁ。。。。。
 
 |  | 


Copyright © 2009よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2