2010年
05月
27日

ひき逃げ事件。。。
 いつもの朝。。。。。いつもの習慣で朝食を食べ終わった後、ぼくは毎朝新聞を15分読みます。
 それはモニター越しの活字より、紙に書いてある活字を読むことによってなんとなく「ボーッ」っとできるからです。。。。

 ユニクロの派手な折込広告に混じり1枚の子供の写真に時間が止まりました。


 それはひき逃げ事件の情報提供お願いのチラシ。。。。。。





 〜〜〜ここから先は気持ちの強い人だけ読んで下さい。悲し過ぎるので〜〜〜


 このひき逃げ事件の話を最初に聞いたのは2009年10月です。事故現場近くに勤める義理母からでした。

 夕方事故があって小さい男の子が亡くなりました。しかし、、、その子の頭部だけが行方不明になっていてとにかく探してる。

 というものでした。。。。。


 もし、自分の家族が、、、、、最愛の人が、、、、、そんな悲しい事故の犠牲者になってしまったら、、、、、

 そんな胸が締め付けられる話だったことを思い出します。
 

 数週間して頭部は発見されたものの、事故に関しての情報は一行に収集できない状態でした。




 そんなひき逃げ事件から10ヶ月近く経過した今朝、この情報提供の折を見てに何かを感じました。


 早速調べてみると、、、このチラシ、33年前に同じくひき逃げ事故で当時9歳だった娘さんを亡くした都内の印刷会社社長による20万部におよぶ寄付だったんです。
 その20万枚を読売新聞(熊谷)が無償で事故のあった熊谷市近隣に折込として配布されたそうです。




 自動車に乗っている以上。交通事故は絶対0にはなりません。

 ただ、そんな自動車を運転している人は決して事故を起こしたくて起こしたわけじゃないということは確かです。そのほとんどは不可抗力であると思います。

 なので、遺族の皆さんはこの情報提供チラシの配布で犯人を吊るし上げて社会的制裁をしたいのじゃないと思います。

「再発防止」という未来の言葉に託さないと、、、、残された人達は毎日生き地獄です。。。。




 我々、自動車に関連した人間は絶対交通事故は起こしてはいけないと僕も日々思っています。しかし、事故は天気や天災と同じくして偶然や奇跡が重なって起きてしまう悲しい出来事です。
 もちろん、そんなリスクから最も遠い所で走れるように国が定めたルール以上に勉強すれば回避できることも確かです。



 この情報提供チラシは情報提供をマストとして配布されていますが、我々ドライバーがこれを見て、これまで以上に気を引き締め、集中して、安全な運転を心がければ、最も効果的な「再発防止」になるのではないでしょうか。。。。








 
2010年
05月
21日

今日は真夏だよ、、
 暑い、、、、、もう真夏の陽気ですね。。。


 今日は朝からT誌の撮影でした。来週も月曜、木曜、金曜が撮影と取材です。。。。ぼくはなんとか編集部じゃないのですが、、、、


 巷は魚雷とハンドルと宮崎の話ですね。。。。


 〜〜ここからぼくの妄想です〜〜

 あの魚雷って米製ですよね?あんなヤンキーのいたずら書き程度の証拠で北韓国の仕業に仕立て上げるのは渋すぎます。これで国民の納得した防衛税金を使えますね。日本へ向けたTポドン発射で素晴らしく成績を上げた米営業部は今度はコリヤンに同じことやってます。ま、第二次世界大戦もサラエボで、もっと目に見えたことやったからああなってしまったわけですが、、、、
戦争が起きないにしろストーリーとシナリオは大切です。ま、いつの時代も我々敗戦国は堕しに使われる宿命なんですかね。。。。。


 ハンドルの話も微妙です。あのインチキ臭いオーナー動画は逮捕でしょう。それに火をつけるマスコミもどうかしてます。新聞にコメント出したズラの父を持つ評論家も部品の断定すらできていないのに安易過ぎます。もっと技術者達の気持ちと部品製造者の意見を聞いて判断しないと大火傷しますよ。
代理店や広報担当ばかり見て仕事しないで欲しいです。
じゃ、「これで真っ直ぐ。」の真相は、、、、、あれはマジックでしょう。投稿者の詳細がもっと知りたいですね。
このやり方、、、、何かに似ていませんか?
そう、、ミラーマンを仕立てられたU教授です。自民党批判をしてはハレンチな仕立てで逮捕され、、、、、、それでも尚小泉内閣を批判して、、、、、また逮捕され、、、、、、その被害届けを出したのはすべて未成年。なので詳細は一切明かされず、、、、、、ま、これ以上言うと僕も逮捕されそうなので次に行きます。。。。。。


 ぼくは焼き肉や焼き鳥が大好きです。だから処分されてしまう牛豚が可愛そうです。弱肉強食の世界である以上食べられないで死んでいく牛や豚が可愛そうです。。。。。。
そのまんま東も結託しているプレス集めて見せかけの演技はちょっとウザイです。
M崎牛。。。。。ここ5年の出荷量を調べればことの発端が見えるでしょう。95%で国が買い上げることになったら大変な騒ぎですよ。全国的に病気になってしまいますよ。。。。。。


 さ、明日は名古屋です。。。。ハンドルが真っ直ぐじゃないレクサスを乗ってきます。(笑)





先生!ご苦労様です!
 
2010年
05月
16日

ラリー
 やりました!!!!

 またしても杉本・安達組がぼくの期待を大きく超える快挙です。


 昨日行われた長野県戦ラリー(ごめんなさい。オフィシャルの資料がないので正式名称がわかりません、、)で2位の快挙です。


 マシンはお馴染みのシトロエンサクソ。そして、タイヤはミシュランパイロットスポーツスリーです。(以下PS3)


 いやーーーー!凄い!なんせマシンは普通のサクソ。当然LSDや車高調やクロミッションなんてありません。ノーマルのサクソにロールゲージ組んだだけです。

 そして、コントローラーブルなラリータイヤを使用しないで最近ぼくがベタ惚れのPS3を履いて全ステージを走りきりました。


 杉本選手(ドライバー)のコメント
「いやーーーー!悔しい!トップとの差は7秒でした。7つあったSSで3つトップ取ったのですが、、、、タイヤいいですよ。切り足した奥も使えるしいいです。ただ、PP2の方が圧倒的に運転上手くなりますね。」


 安達選手(コドライバー)のコメント
「ペースノートは最低限のこと以外あまり伝えませんでした。細かく伝えると杉本選手は、はりきってしまい攻め立てるんです。崖の淵とか走るのでその辺りのドライバー心理をコントロールしました。」



 長いJAFラリー史の中で、シトロエンが、、、、市販ミシュランタイヤが、、、2位リザルトに上がったのは史上初です。


 ぼくも凄く嬉しいです。


 ぼくの中で「サーキットは3年」「ラリーは5年」熟成期間があると思っています。5年やって初めて勝負できる分野の気がしてます。


 この杉本・安達組。わずか2戦と半年でここまで勝負できる体制になってきました。


「おめでとう!杉本君!安達君!」





スタート前の記念撮影。
右のサクソは遠藤・小出組。
次号のTipo誌に今回の様子が掲載されます。お楽しみに!!!




パークフェルメに並んだサクソ2台。
他マシンは専用部品に身を固めた純粋なラリーカー達です。




ぼくも関越〜上信越〜長野道を駆使して激励にかけつけました。
長野は本当に気持ちいいです。
 
 |  | 


Copyright © 2010よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2