2010年
11月
25日

よしともカップ
参加者の皆さん、応援の皆さん、スタッフのみんな。

日曜日は大変お疲れ様でした。

いやーーー、楽しかったですねーー。

昨今の情勢の中でも相変わらずポジティブな参加者の方々に感謝いたします。
っていうか、各走行会、耐久レース参加の皆さんを見ているとそんなこと微塵も感じさせない奮闘振りと遊び方、楽しみ方が印象的でした。

そして、日本一難しいとぼくが自負するしのいサーキットを果敢に攻略し、皆さんが「自分のもの」にしていく様子がおても素敵でした。
特に毎度思うことなのですが、時間ごとに変わる路面コンディション、マイレージを重ねるごとにタイムアップしていく様子を見ていると参加者すべての方のドライビングスキルの高さを改めて実感しました。
そのお陰もあって今回は(も?)大きなクラッシュがなく全員が自走で帰路に着けたことも嬉しく思います。

ヒーローしのいサーキットでの開催になってから「よしともカップ」は今年で9年目。

そして来年は10年目のアニバーサリーイヤーになります。

何事も10年やらないと本筋が見えてこないぼくとしては(ラジコンも、、、音楽も、、、モータースポーツも、、、会社経営も、、、)来年は何か特別な物になると感じています。


2011年よしともカップ初夏の大運動会は5月15日(日)に開催します。

4月がすでに満タンで取れないこともあります。。。GWは現実的じゃなく、、、大型連休後のちょっと寂しくなる時季の開催です。

また、いつもの皆さん、そしてそんな皆さんのお友達と一緒になって遊びたいと思います。



そしてすみません。。。。。リザルトが紛失してしまったので現在取りつけ中でございます。手元に到着次第アップいたしますね。


巨匠「山本けいご」の愛弟子の作品をいくつか、、、、



秋のしのいは最高にきれいです。




AHAショップ対抗バトル!!!
コースの慣れ不慣れを無くす為ショートの逆周りで行いました。
写真はダンスシケインを逆から上っていく様子です。3速踏みっきりで上ります。




このイプシロンはユーロファクトリーの浅見選手!
まるでBTCCです。




AHA優勝のうちの沼ちゃんのクサラ。




原工房・塚田選手の106。
ホームストレートのバンプで車体のフラツキを嫌い、大きくウエーブするライン取りが印象的でした。1コーナーも左足ブレーキを多用しLSDないのにスルスル車が上っていきます。




マシンを身体に合わせて大きくしたオートポワルージュの畑選手。
沼尻VS畑VS富田の久々3台のバトルが見ものでした。




昼前にフラッと来てひたすら食べ物を探す巨匠山本!
この日も営業活動に余念がありません。




過去9年で最も遅い時季の秋の開催ということもあって、チェッカー10分前には真っ暗で何も見えませんでした。
それでも無理をせず各車1分そこそこのペースに落とし周回してくれました。
これでますます夜間時間を増やす自信になりましたよ(笑)
 
2010年
11月
15日

Bagnole
 「Bagnole」(バニョール)。フランス語で「ボロ車」という意味です。


 残念ながら廃刊になってしまったぼくの大好きな自動車誌「NAVI」。その最終型編集長であった塩見兄さんが貴誌奮闘し最近流行の電子書籍としてNAVIを復活させたんです。

 しかし、会社が違うのでNAVIの名前は残念ながら使えず、、、、そこでフランス文学に深く精通している兄さんがNAVIに新しい名前を付けました。

 それが「Bagnole」(バニョール)です。


 実はすでに発売されておりまして、、、、だからと行って本屋さんでは買えません。電子書籍だからと言って携帯電話やパソコンでも見れません。


 話題のハイテクツール「i-pad」でしか読めないんです。(i-phoneでも読めません。)


 手前味噌ですが、ぼくも書かせて頂いております。余計なことまでイロイロと、、、、(笑)


 そんなこともあって弊社事務所も、、、、そして自宅までもwifi化しました。近日実家もします。パソコンできない母親にi-padを買ってあげようかと、、、、




 自動車関連の電子書籍ってどうなるんですかねぇ?

 Bagnoleはアップルストアでしか買えない形態です。他には初回無料のやつがあったり、PDFでバックナンバー売りなんてのもあります。もちろんi-padじゃなくても読める媒体もたくさんあります。

 主力メディアが増えてきたこの時代。追いかける媒体さんは大変です。

 逆を返すと、、、、、新種の媒体が無限大の可能性を持ってたくさん生まれる可能性も大きいです。

 仲良しのフリーライターさん達が多数「今度電子書籍の会社やろうと思うんだけど、、、」なんて話を多く聞きます。


 そんな不思議を某大手研究所に聞いてみると、、、「コンテンツの切り売りになるから白黒はっきりつき過ぎるね。ただ、それはここ数年まで。淘汰が始まれば結局同じ位置に戻るよ」と、、、、相変わらずリスクなくて能書き垂れる連中は困ります。(笑)



 メリットは、、、、、在庫リスクないし、1冊単位で直接売り上げ反映するので反響は常に熱いです。なので作り手のモティベーションが上がります。
 なので、面白ければ広告主に恐れることなく世間と同じ正当評価できるということです。なんちゃらカーオブザイヤーみたいにメーカーが抱える点数入れられる人を役員室に非常招集、、、、なんてこともなくなります。(笑)



 Bagnole  ぜひご贔屓にして下さい。もちろんあの大御所先生達もそのままNAVIの感覚で言いたい放題です。

 詳しくは↓

http://autos.yahoo.co.jp/news/detail/multimedia/147870/


 
 
2010年
11月
14日

今週のご成約
 ううっ、、、、、全然仕事が終わらないよーーーー(涙)

 やっつけてもやっつけても、、、、それに木曜までにあの遡り書類の製作、、、、たぶんそれだけで50時間くらいかかる、、、、

 でも、それが終われば日曜日はよしともカップだから頑張ろう!!!!



 ま、そんな中でも時よりフラストレーション開放のためネット遊びを、、、、

 最近怪しいのはアメリカシリコンバレーの自動車メーカー「テスラ」。


 少し前に自動車日本代表のT社が巨額融資!最近はナショナル電気さんも巨額融資!

 テスラを知らない人は勝手にウキペして下さい。


 ぼくには全く理解できません。だって米の小規模電気自動車会社になぜあんな日本マネーがたくさん渡るのか。しかもそれが大々的にマスコミ宣伝され、その技術の推移を大絶賛!!!

 お蔭様で日本のビッグスポンサー獲得の報道からかテスラの株は竜のごとく昇っています。

 詳しい配当や株主はわかりませんが、政府絡めた大量の資金集めと見てます。だってこの手の電気自動車なんて小学生でも考えることでしょう。

 しかもT社がパートナーシップを発表したのはアキオ王子があっちの偉い人に泣きながら謝りに行った次の日なんです。記憶に新しいプリウス暴走騒動で我が国の自動車大臣と共に行ったあの傍聴会です。

 あれは酷いインチキでしたね。しまいにはETCのノイズで電子制御スロットルが誤作動、、、なんて報道されていました。別にアメリカが悪いわけじゃないんです。暴走したプリウスのECU回収して近所のディーラーに行けば一部始終わかるはずなのにあえてそれをしなかったT社首脳陣に疑問を感じます。


 T社首脳陣と言えば、、、、2009年5月のメガウェブで行われたプリウス発表会。あれも酷かったですねーーーー。ぼくも行ってました。

 会場の中では、、、、アキオ王子が環境を強く熱弁。二酸化炭素だとかエミッションだとか、、、、


 しかし、会場の外では、、、、、そんなアキオ王子の熱弁に相づちうつため召集されたT社首脳陣が各自1台ずつのってきた社用車が全車アイドリングで路駐待機。。。。。。みんなV8です。レクサスやセンチュリーなど、、、、

 「おいおい!運転手付のV8をアイドリング待機させて環境語るのはヘドが出る。。。」って思ったことを思い出しました。




 なんだかよくわからないボヤキになってしまいました。。。。

 最近気になるのはクムホの195/55/14のあのタイヤです。(笑)





シトロエンZXクラブご成約のI様。もうBagnoleですね。(笑)




シトロエンサクソご成約のI様。シトロエンC5からのお乗換えです。




ルノー25ご成約のS様。




お客様から「たまにはご成約ブログやれ!」とリクエスト頂きましたのでやってみました。この週末ご商談頂いたお客様。引き続きよろしくお願いいたします。
 
 |  | 


Copyright © 2010よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2