2012年
01月
27日

プジョー106フロントアンダースポイラー
 僕は会社で好き勝手なことやらせて頂いてます。社員のみんなが毎日元気に会社に来てくれることが一番嬉しくて、そのお陰もあって僕も車以外の仕事に着手することもでき売り上げ貢献できていることになるんです。

 でもせっかく車屋さんもやってるんだから利益関係ないこともやりたいんです。


 そんなわけで、僕が愛してやまないプジョー106の部品開発。でも売れなくていいんです。売る気もないんです。僕のための僕だけのパーツ。車屋冥利に尽きる一言です(笑)


 どちらかで作られてるものなら購入するだけなのですが、売ってなければ作るしかないですよね。


 僕が欲しかったのはバンパー下に付けるスポイラーです。もちろん世界を探せばたくさん出ていました。しかし、それらはバンパーの端に付けるだけなんです。もちろん格好は良いのですが、モーターレーシングシーンでパフォーマンスが上がらなければ必要なかったんです。

 バンパー下をすべて覆うことで下方気流の最適化がしたいことと、(本当は車の下を全て一枚で覆いたいのですが、、)フロントのオーバーハングを延長したいことから始まりました。

 理由はサーキット走行において時速150〜200キロでフルブレーキを行うと、106はあのホイールベースの短さとオーバーハングの無さからリアだけじゃなくフロントもヨロヨロと動き出すのが本当にイヤでした。タイヤの幅も限られてるしバネや減衰も限られています。だとしたら空気を見方にするしかないとの僕なりの答えでした。

 そこで唯一の拘りはFRP製(プラスチック?)にしたかったんです。柔軟じゃないとバンパーに影響あるし、最も重要なのは歩行者保護です。カーボンでも良かったのですが万が一人や動物に当たった時相手は致命傷になりかねません。なので当たるとすぐ壊れるFRPが良かったんです。(もちろんちょっとひっかけて壊れるような柔じゃないですよ)


 で、相談したのは多摩奥で毎日FRPを捏ね繰り回す自称芸術家の「ムギロー君」です。僕の指令は「安くて格好良くてちゃんとしたヤツ」です(笑)

 同い年のムギロー君は僕にいつもダメだしされながら(べつにダメじゃないのですが彼の反応が面白いのでいつもダメって言ってました)完成したのは5年前です。

 「100万セットとか出たらサー、一緒に島を買おうぜ!いいよなー、南の島のFRP工房は!」とかイロイロ夢見させてムチ入れて頑張らせました!


 しかし、そんな彼の力作も僕が販売窓口なのでたいして数は出ませんでした(笑)

 

 そんな今年、「よ、よしともさん。もうカタが限界に来ていて生産が限界です。。。。カタ作り治していいですか?もちろん金がかかります!」との相談を受けました。「補強してペラペラになるまで使うんだ!」とも思いましたがそれも可愛そうなので、、、、で、思いついたのが進化型モデルです。

 少し前にGT300トップコンストラクターのaprのカネソ代表から下方気流の詳しいお話を伺ったこともあり、更に強いダウンフォースを発生させる方法がわかったんです。なのでそれを進化型に大きく盛り込ませ開発をスタートさせました。


 ユーザーさんに話を伺うと「スポイラー有りと無しではフジスピードウェイの1コーナーのブレーキングが全く違う!スポイラー外すとフラフラするので怖いし、しっかり減速もできない!」とかなりの高評価を頂いておりました。

 進化型ではそのブレーキスタビリティーを下方気流とダウンフォースから更に向上させよう!それこそバネレートを一つ上げても変化でないくらいに!を目標に再びムギロー君をヒイヒイ言わせます。




で、出来上がったのがコレです。。。。。
見た目悪いです。ただの黒いボコボコした板です。こんな物が何万もするんですから自動車部品商売は難しいであります。







しかし!装着すると丸みの強い106がこんな男らしくなります!!!

ちなみにマシンは愛知県にお住まいのI様の106です。

実はこのスポイラー。。通信販売はしていないんです。なぜなら僕の道楽でやっているので弊社の通販ラインに入れていません。でかいので梱包するのが面倒と勝手な理由で販売は「お店に来てくれた人のみ!」に限らせて頂いていました。

でも、ここ数年のお問い合わせの70%は遠い方ばかりだったんです。

愛知のI様はこの進化型の発表(ムギロー君のつまんないブログにちょっと出てました)を機に「進化型をどうしても下さい!」と熱い熱いメッセージを頂き僕が暇を見つけてグルグルダンボール梱包をさせて頂き初の通販をいたしました。「そのかわり付けたらブログに出したいので写真送って下さい!」と男の約束をしたら速攻で付けて送ってくれたんです。
ありがとうI様!もうガッツリ勝手に写真使わせて頂きますね(笑)






1型より15mm先端を延ばしました。一般的なサーキットでのバネレートから計算するノーズダイブ量から路面とのダウンフォースを試算したらこの長さになったんです。
センターにガバッと開いたダクトは下部の強度を落としシナリを出すことにより更にダウンフォースを発生させます。時速200キロ付近になると見た目真ん中が下がります。





サイドのフィン形状は全く意味ありません。完全な格好だけです。
ただ、今回のムギロー君への宿題は「レッドブルF1のいろんな羽みたいにより立体的なのがいいね。君ならエイドリアンニューウェイを超えられるはずだ!」みたいな適当な理由です。デザイナーと製作者にやる気を出させる為には多少の虚偽も必要なんです。
ちなみにこれするのが一番コストがかかったのは内緒の話です。



ってわけでつまらないことして販売価格も1型より大幅に上がってしまいました。

価格は43000円(+消費税)になります。

で、今回から通信販売をすることになりました。ただ、梱包や発送準備するのが僕なので正直かなり不安定です。お金頂いてから発送まで1週間以上かかるかもしれません。「それでも欲しいぜ!」と言ってくださる優しいお客様がいらっしゃるならぜひ!注文お待ちしております。
 
2012年
01月
17日

DS祭り
 今年に入り弊社工場は旧車で溢れています(笑)


 今週はシトロエンDSがなんと4台も入庫です。もちろんDSとは昔のあれです。最近のDSシリーズではありません。

 
 内訳は車検2台とエンジンオーバーホール+細かい所モロモロ1台と点検+キャブ調整です。今週は他にも2CVが3台入庫。事故+不動を通常に戻す作業+キャブオーバーホールなどなど。。。CXも3台車検入庫。。。

 旧車の整備は主に沼尻工場長が担当します。うちの沼ちゃんは大変です。上記のようなクラシックカーもガッツリ整備完成させながら、レーシングカーの製作+セッティングなど日々自分も走りながら勉強もしつつ、、、、一般車検整備他ももちろんあります。

 最近では息子の翼と一緒にドリフト車輌の製作とセッティングもしています。で、偉いのは息子の友達に着いていって最新国産チューニングショップに入り浸りたくさんのことを勉強しています。だから僕も沼ちゃんの話聞くの楽しみなんです。

 最近ではギアごとにマッピングを変更して掛かるターボの圧力をコントロールしたり、、、、、パワーバンドに合わせたギアリングの計算式やECUチューニングの大きなリスクの理屈などいろいろあります。


 僕も大いに刺激になります。チューニングって目的に合わせた車の進化をさせることでもありますが、一般修理や販売には全く結びつきません。だけど自動車好きとして日々自動車の妄想力こそ会社も社員も前進させることができると思っています。なので弊社の昼休みは毎日大笑い声で満ちています。

 ま、そんなんだから昼休み2時間くらい盛り上がりすぎて夕方に時間無くなって焦って大混乱なのですが。。。。経営者として猛反省ですね。僕が昼にみんなと盛り上がらなければいいだけのことですが。。。(笑)





毎日寒空の下複数のDSが色気の無いエンジンで吠えまくっています。
ロードテストは圧巻ですよ。なんせ何台ものDSが入れ替わり立ち代り工場からピットアウトして戻ってくるんです。まるでDS開発現場のように。。。。
街の視線が熱いです(笑)
 
2012年
01月
15日

軽自動車辞めろって?
 今朝は軽自動車が熱いです。TPP騒ぎの発端からアメリカが日本の軽自動車をさめさせようとしてるとの報道。ま、本当か嘘かわかりませんが、、、

 普通に聞けば、マスコミの言ってることそのまま受け止めれば「ふざけるな!」とご立腹になるのは当然。ま、その当然を引き起こすためにああいう報道促す(うながす)のもわざとだと思います。


 その昔は子供でも運転できた、まさに普通自動車入門自動車としてうちの父親もよくそれで事故ったと聞いています。
 そんなクソガキが溢れたもんだから結局18歳からに法整備され今に至ります。

 ただ、リーズナブルな具合はそのまま引継ぎ今やその市場はまさにモンスター。自動車税は年間7200円(ただ、都道府県によってはその1,5倍にもなる地域もあります)。

 僕が少し前に乗っていたV8自動車は年間115000円だったことを考えるとまさに羨望の眼差し。高速道路で黄色いナンバーの車と同じ速度で走るたびに悲しくなっていました(笑)


 大きな違いは普通自動車の自動車税は都道府県に納付されることに対し軽自動車は市町村なんです。


 なので今回の報道でビビルのは各市町村の長!もう倒産です倒産!

 喜びに浸るのは都道府県知事!場所によっては売り上げ倍増です。


 ま、目に見えるとこはそんなとこです。ただ、、、、、昨今の自動車離れ騒ぎ(本当に離れているとは思いませんが、、、、だって少子化なんだから数減って当然だし)を考慮すると自動車に関しての実質増税は想定できません。すると逆の発想を持つことも大切です。

 TPP合意の場合、輸出需要の高まりとその生産性から軽自動車で内需拡大しても利益も税収も旨みがありません。だとすると軽自動車を辞めて本当に普通自動車ばかりの生産をする方がいいと思うんです。若干鉄少なくなるだけでコストはたいして変わりません。一説にはレクサスもカローラも生産コストはほぼかわらないとのことですから。。。

 じゃ、軽自動車なくしたら我々はどうしたらいいんだ。。。。と暴動が起きるかもしれません。なら、自動車税を一律軽自動車の金額にすればいいんです。市町村か都道府県どちらの納付にするのか、、、、交付考えたらそんなの全て国が管理すればいいだけのこと。

 もし、本当にアメリカがこのようなこと言っているのだとしたらこの国の自動車税の高さを訴えているのだと思います。若干誤差はありますが、アメリカの税率で考えると日本の自動車税は約14倍にもなるものもあります。
 自動車大国のドイツと比較しても2,5倍ほどにもなります。こんな島国で。。。。

 なのでワールドスタンダード考えるとこの国の自動車税は道路整備状況考慮にいれても全ての自動車は年間7000円が妥当なんです。その他に重量税もありますし、、、、


 そんなことをみんなに気がついてもらいたいための発言であれば僕はアメリカ大好きになりますよ。



 でも、この税率など価格の安い自動車(軽自動車)を必要としているのは本当は地方のおじいちゃん、おばあちゃんだったりするんです。

 地方山間になれば電車やバスがなく公共交通手段がほぼ皆無なんです。街の病院行くにしても山道何キロも歩いていくわけいかないでしょう?入ってくる年金等で試算すると軽自動車を10年維持して病院に通うのが限界なんです。
 その値段を基準として算出されているのが軽自動車でもあります。

 そんなところにまだまだこの国の良心があるのも今回の報道から調べられたことも付け加えたいと思いました。



 でも、TPPでV8アメリカンマシンが円高の追い風を受け200万円で自動車税7200円。ちょっとしたワゴンR買うならそっちを買おう!って、じいちゃんばあちゃん達がいつもの病院に大集結!!!そんな光景も見たい気がしますが。。。。(笑)
 
 |  | 


Copyright © 2012よしとも All rights reserved.
Powered By DTI ブログ with MZ Labs / h_ver2